診療案内 - こどもの耳鼻科

  1. ホーム
  2. 診療案内
  3. こどもの耳鼻科

KIDSこどもの耳・鼻・のどの症状

子どもの急な体調不良(発熱、のどの痛み、鼻水、鼻づまり、咳、耳の痛みなど)を診察します。

子どもは自分の体調不良を言葉で表すことがうまくありません。
おうちの方から見て、いつもと様子が違うなと感じたらお早めにご相談ください。
ささいなことだから、この程度で受診するなんてと遠慮する必要はありません。
「様子を見ればよいのか」「悪い病気ではないか」がわかれば、おうちの方も安心できると思います。

子どもがかかりやすい、急性中耳炎

子どもは耳と鼻をつなぐ「耳管:じかん」が短くて機能もまだ未発達です。
そのため、のどや鼻の細菌が増えると菌が耳に入り込んでしまいやすいという特徴があります。

Q:急性中耳炎にかかった事がありますか?

急性中耳炎の症状

耳の異常、違和感はもちろんですが、発熱を伴う場合もあります。

  • 耳が痛い
    耳が痛い
  • 耳だれ
    耳だれ
  • 発熱
    発熱
その他
  • 耳に手をあてる
  • 耳のつまり感
  • 難聴

赤ちゃんの場合

赤ちゃんの場合は以下のように表現していることがあります。

  • 急に泣き出す
  • むずがる
  • 耳をよくさわる

風邪をひいたときに耳鼻科を受診していただければ、鼻の処置をしつつ中耳炎がないか確認ができます。鼻水や咳が気になるときは、お気軽に受診ください。

こんな症状・処置もおまかせください

  • アレルギー検査をしてほしい
  • 鼻水を吸ってほしい
  • 耳あかを取ってほしい
  • いびきをかくので調べてほしい

「この程度のことで来ていいのかしら」と言われることがありますが、どれも保険診療と認められている医療行為です。
おうちでうまくできずに困ったり、どうしようと心配されたりするようでしたら、ぜひご来院ください。

当院が大切にしていること

ゆっくり、お話ししながら治療

慣れない場所で、知らない人が、見知らぬ機材をもって近寄ってきたら、怖いと思うのは当然です。
当院ではできるだけゆっくりお話して、安心してもらってから治療をするように心がけています。

ご家庭にあわせた薬の処方

保育園などに通っていると、お昼にお薬を飲むのは難しいですよね。
でも実は飲んだり飲まなかったりしてはいけない薬もあるんです。
当院では1日2回の服用にしたり、服用のタイミングを可能な限り調整したりしますので、気兼ねなくおっしゃってください。

お子さんが飲みやすい薬の形状

錠剤は苦手、粉薬は大丈夫、甘いお薬は飲んでくれるなど、お薬の好みがあると思います。
可能な限りお子さんが飲みやすいように調整しますので、ぜひおっしゃってください。